遺留分について相談可能税理士・弁護士・司法書士を探す

遺留分とは

遺留分とは、残された家族へ生活するために最低限の財産を保証することです。

都道府県から対応可能な事務所を選ぶ

全国で4事務所が掲載中!

遺留分について相談可能相続問題に強い税理士・弁護士・司法書士を、ご希望の都道府県から探しましょう!

4件の事務所が見つかりました

 

4件中 1件ー4件表示中[ 全国 ]

金沢駅西法律事務所 【石川県対応】

金沢駅西法律事務所  写真

荒木 実 弁護士

【弁護士との無料面談相談:ご予約受付中】【金沢駅より徒歩7分】相続に強い、金沢駅の弁護士です!「相続トラブル」や「遺産分割」「遺言書作成」の対応なら、おまかせください

◆遺産相続にまつわるトラブルは、弁護士へおまかせください◆ 「遺産分割協議がまとまらない」 「遺産の分配に納得いかない」 このようなお悩みをお持ちなら、石川県の金沢駅西法律事務…[もっと読む]

住所 石川県金沢市広岡2丁目13番23号AGSビル 101
営業時間 平日 9:00~18:00
<定休日>土日祝日

※平日夜間、土日祝日の面談相談も対応いたします。お電話もしくはメールにて、まずはお問合せください
最寄駅 金沢
対応キーワード 遺留分について相談可能 土日対応可能 フリーダイヤル

お問い合わせは
コチラから

初回相談料無料・通話料無料

0120-354-027

塩澤法律事務所【東京都対応】

塩澤法律事務所 写真

塩澤 彰也 弁護士

※匿名相談はできません※【初回相談無料】【土曜営業】専門性の高い相続問題は、1時間の面談で弁護士の力がわかります。遺言・遺産問題なら、「相続特化型」の塩澤法律事務所におまかせください!

※利益相反防止のため、はじめにお名前をお聞きします。匿名相談はできませんので、ご了承ください※ 【相続事件の実績豊富!遺言・遺産問題などはおまかせください】 相続には、専門的…[もっと読む]

住所 東京都杉並区上荻1-5-7ハザマビル6階
営業時間 平日・土曜 9:30~18:00(相談は21:00まで)
最寄駅 荻窪
対応キーワード 遺留分について相談可能 遺産相続の争いについて相談可能 不動産名義変更について相談可能

お問い合わせは
コチラから

初回相談料無料・通話料無料

0037-6039-20675

弁護士法人田中ひろし法律事務所 菊池事務所【熊本県及び近県対応】

弁護士法人田中ひろし法律事務所 菊池事務所 写真

田中 裕司 弁護士

【ご予約受付中:弁護士との無料面談相談】【菊池市役所そば】相続問題の実績は600件超!「納得できない遺言」や「まとまらない遺産相続」は弁護士にまかせて、迅速・円満解決を目指しましょう

◆ここが違う!田中ひろし法律事務所の特徴◆ 1)代表は「弁護士」+「相続診断士」の資格を保有 代表弁護士の田中は、弁護士資格と合わせて、相続診断を通して依頼者様と一緒に相続・家…[もっと読む]

住所 熊本県菊池市隈府864-2田村ビル2階
営業時間 平日 午前9時より午後5時半まで
最寄駅 御代志
対応キーワード 遺留分について相談可能 遺留分減殺請求について相談可能 相続登記について相談可能

お問い合わせは
コチラから

初回相談料無料・通話料無料

0037-6030-21335

弁護士法人田中ひろし法律事務所 熊本事務所【熊本県及び近県対応】

弁護士法人田中ひろし法律事務所 熊本事務所 写真

田中 裕司 弁護士

【弁護士による、無料面談相談】【熊本駅より徒歩1分】遺産相続のノウハウに自信あり!相続診断士の資格も持つ弁護士の事務所です。相続手続きから遺言書の作成まで、相続問題をトータルサポート

◆ここが違う!田中ひろし法律事務所の特徴◆ 1)代表は「弁護士」+「相続診断士」の資格を保有 代表弁護士の田中は、弁護士資格と合わせて、相続診断を通して依頼者様と一緒に相続・家…[もっと読む]

住所 熊本県熊本市西区春日5-6-5田中スクエアビル2F
営業時間 平日 午前9時より午後5時半まで
最寄駅 熊本
対応キーワード 遺留分について相談可能 遺産相続の争いについて相談可能 不動産名義変更について相談可能

お問い合わせは
コチラから

初回相談料無料・通話料無料

0037-6030-20699

4件の事務所が見つかりました

 

4件中 1件ー4件表示中[ 全国 ]

相談例から事務所を探す

相続について質問です。 遺留分の請求はいつまでにしなければいけないのでしょうか?

遺留分について質問です。 母が亡くなりました。公正証書遺言があり、兄が遺産のほとんどを相続する内容で、私の相続分は遺留分よりかなり少ない額となっていました。 兄が遺言執行人に指定さ…

遺留分について質問です。 遺留分遺留分減殺請求と遺言(公正証書遺言)は、どちらが優先されるのでしょうか?

上部へ戻る